« ヒガンバナ、コスモスとツマグロキンバエ、キンモクセイ | トップページ | 野生メダカ(クロメダカ) »

2010年10月 8日 (金)

フシアミホコリ(変形菌)

 春から秋、低山ハイキングに行った時、極度に乾燥しない窪地や沢筋に横たわる、少し腐食の進んだ倒木やその周囲の落ち葉の上にしゃがみ込んで観察すると、変形菌を見つけることが出来ます。(あまりこんなことをやっていてはハイキングにはなりませんが・・・、それに虫除けがないとヤブ蚊に襲われます。)
 変形菌はアメーバー状で接合を繰り返して大型の変形体になって這い回る世代と、小さな子実体をつくり固定してしまう世代を有し、粘菌(真性粘菌)とも呼ばれる不思議な生きもので、南方熊楠の研究がよく知られています。
 子実体はごく小さいもので、肉眼でももちろん見えますが、×10~30倍ほどのルーペがあればその奇妙な、また造形的に面白い姿がみえて、楽しめます。
 名前が分かればなお結構ですが、それは専門家に任せることにしましょうか。

 過日、千葉県の山中で見つけて採取した標本を、暇な折、ルーペで覗いてみました。Img_5904trmcc

Img_5904trmcc_3

Img_2446
 これは耳かきの綿毛、です。(゚ー゚;

 

 胞子嚢に息を吹きかけて中に詰まった胞子を吹き飛ばしてしまうと、”網”が残ります。
Img_5904trmcc4

2r5

 乾燥した中の胞子がすっかり飛んで、残った網目状のボンボリのような細毛体の形から、フシアミホコリではないかと思いますが・・・
 

|

« ヒガンバナ、コスモスとツマグロキンバエ、キンモクセイ | トップページ | 野生メダカ(クロメダカ) »

変形菌(粘菌)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/37124875

この記事へのトラックバック一覧です: フシアミホコリ(変形菌):

« ヒガンバナ、コスモスとツマグロキンバエ、キンモクセイ | トップページ | 野生メダカ(クロメダカ) »