« オンブバッタ、コバネイナゴ、コカマキリ、チョウセンカマキリ | トップページ | ミズマツバ »

2010年10月26日 (火)

トキンソウ(吐金草)

 大型の雑草が刈り取られて、日当たりが良くなった田圃道にはそれまで目に触れなかった小型の雑草が見られるようになっています。

 吐金草もそのひとつで、草丈も小さく地面を這うように生えていますので気づきにくいですが、稲刈り後の田圃や、田圃道、また庭や花壇などにも普通に生える1年草の雑草です。

 たまたま目にしたあぜ道では、地面にへばりつくように一面に広がっていました。葉は互生し、くさび形で、先端に3~5個の鋸歯があります。108_2

 
 また葉のわきに多数の筒状花が集まった径3~4mmの頭花をつけます。中心部には10個ぐらいの両性花と周辺に雌花が多数ついています。両性花は褐紫色を帯び、先端は4裂します。108img_2481_4

108_3

108img_2481_2

10810_2

 名前の由来は、実を潰すと黄色い種子が出てくることから「金を吐き出す草」ということだそうです。花期:7~10月。分布:日本各地。(写真撮影10月中旬)。

|

« オンブバッタ、コバネイナゴ、コカマキリ、チョウセンカマキリ | トップページ | ミズマツバ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/37383478

この記事へのトラックバック一覧です: トキンソウ(吐金草):

« オンブバッタ、コバネイナゴ、コカマキリ、チョウセンカマキリ | トップページ | ミズマツバ »