« 南アルプス北岳(3,193m)登山(3日目)/ライチョウ | トップページ | 二番穂が伸びる田圃で:チュウサギとアオサギ »

2010年10月 1日 (金)

チュウサギの集まる田圃

 10月は、昨日から2日続きの雨降りスタートと思いきや、今日だけ雨降り取りやめで、明日、あさってが雨という予報に朝になって変わって・・・ともかく爽やかな秋、になって欲しいのですが・・・

 さて、毎年繰り返される”自然の行事”です。シーズン以外には多くは見かけませんが、稲刈り時期になると、どこからともなくチュウサギが集まってきます。コサギでもなく、ダイサギでもなく、確かにチュウサギなのです。
 8月、お盆休み明け直後、近郊で最初に刈られていた田んぼは「コシヒカリの早生種」と、コンバイン運転中のお百姓さんに伺いました。そしてその翌日、案の定、チュウサギが集まっていました。20108222r

 
 そして、まだ稲刈りは本格的に始まらない数日後、田圃沿いの道路に、2羽のチュウサギが降りていました。
 しばらく暇つぶしで観察したのは、カエル捕りの光景です。両者恨みっこなしに捕れたようです。でもこれではいかにも効率は悪そうです。Blg2010820

 
 9月上旬から9月半ばにかけて、近郊では一斉にコンバインによる稲刈りが始まりました。
 自転車で一巡してみると、お百姓さんが、”作業の邪魔になるんだよなあ、うるさく付きまとわれて”、というくらい、集まっています。
 もちろんお目当ては、飛び出してくるカエル、バッタ(イナゴ)、そして這い出してくるザリガニなどです。刈り取りの進む田圃は効率のよい餌場なのです。2010913

 
 ご主人が運転されるコンバインを見ながら、畦に腰を下ろしていた奥さんが、”写真撮ろうと思っていたのに、カメラを忘れてきました”、と笑っておられました。
 作柄を伺うと、”この田圃は奥手種なんですが、例年より10日ほど刈り入れが早くなりました。梅雨明け以来の異常な暑さのせいだと思うのですが・・・、見た目はよさそうでも、収量は明らかに少ないようです。すでに収穫を終えた別品種の田圃でもそうでした”、と少し残念そうに話されました。自然相手はやはり大変です。2010914

 
 9月中にはその後も、刈り取りが終わった田圃にたくさんのチュウサギが集まっていました。915img_1765cctrm

 そして10月、すでに大方の田圃は収穫済みで、まだ刈り入れされない田圃はわずかになりました。また、9月末からの天候不順で稲刈りは止まっているようです。チュウサギもあまり見られません。

|

« 南アルプス北岳(3,193m)登山(3日目)/ライチョウ | トップページ | 二番穂が伸びる田圃で:チュウサギとアオサギ »

動物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/37008147

この記事へのトラックバック一覧です: チュウサギの集まる田圃:

« 南アルプス北岳(3,193m)登山(3日目)/ライチョウ | トップページ | 二番穂が伸びる田圃で:チュウサギとアオサギ »