« 過ぎた夏、名残のセミ、ハゴロモ | トップページ | ヒガンバナ、コスモスとツマグロキンバエ、キンモクセイ »

2010年10月 6日 (水)

秋、散歩コースの鳥:アオサギ、バン、カルガモ、コサギ、チュウサギ、モズ

 先日、白鳥がやってきたというニュースです。頭の隅には未だ異常な暑さだった夏の残像が消え残っていますが、季節は確実に進んでいますね。
 かわりばえしませんが、身近な散歩コースの鳥の様子です。

アオサギ:
 8月下旬から10月初旬の姿です。用水べりに降りて魚を狙っていたり、稲刈り前後の田んぼに来たり、また用水路に集まり始めたカルガモの近くにボーっと佇んでいたり、です。しかし、スリム、ですねえ。
 でっぷりとお腹が飛びだしていたのでは、飛べませんから・・・
4r

 
バン:
 9月中旬、例年より早くバンの姿を見かけました。額にはくちばしが延長したような「額板」があり、未だ額板は黄色味が強いので若鳥のようですが、親のテリトリーを離れてやって来たのでしょう。
 成熟して繁殖期になると額板からくちばしの根もとにかけて赤くなります。いずれは額板が赤くなった番(つがい)の姿が見られるようになりますが、当地の用水路べりにやってくるのは少数です。Photo

 
カルガモ:
 9月中旬~10月初旬。
留鳥で、一年中、用水路周辺で暮らし、子育てもしています。秋が深まるころからだんだん集まり始めて賑やかになります。冬の散歩の慰めにもなります。いい声で鳴いてくれればもっと良いのですが・・・3r

 
コサギとチュウサギ:
 10月初旬、用水路ではち合わせ。チュウサギが胡散臭そうに首を伸ばすとコサギがゆっくり離れて行きました。両者とも冬の間は移動して行き、少なくなります。10pa010026

 
モズ:
 10月初旬、用水路をはさんだ電柱と金網フェンスを行き来しながら、秋~ッ、キー、キーと高鳴きです。草むらには大きなトノサマバッタなどがたくさん居ます。とりあえず、餌場確保の縄張り宣言でしょうか。1052r

 顔ぶれも今のところ大きな変化はありませんが、秋が深まっていくに連れて、少しずつ冬鳥も姿を見せることでしょう。

|

« 過ぎた夏、名残のセミ、ハゴロモ | トップページ | ヒガンバナ、コスモスとツマグロキンバエ、キンモクセイ »

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/37085745

この記事へのトラックバック一覧です: 秋、散歩コースの鳥:アオサギ、バン、カルガモ、コサギ、チュウサギ、モズ:

« 過ぎた夏、名残のセミ、ハゴロモ | トップページ | ヒガンバナ、コスモスとツマグロキンバエ、キンモクセイ »