« 2010/12 天空列車で行くチベットへの旅⑥ 余話:ジャマの木/冬芽と葉痕 | トップページ | 2011年の初めに »

2010年12月31日 (金)

2010/12 モミジバフウ:冬芽と葉痕・維管束痕

 年齢を重ねるに連れてどんどんスピードアップして流れていく一年が”もう”終わりました。今年も代わりばえしない拙いブログを書き連ねてしまいましたが、一年間、貴重な時間を費やして訪問していただいた皆様に、お礼を申し上げます。有難うございました。
 積み残した原稿は年明けにぼちぼち、ということになりましたが、来年もまたよろしくお願いいたします。

 締めくくりのご挨拶は、モミジバフウの元気坊やに登場してもらいました。北風に吹かれて完全に葉を落とした木には、茶色になった実がまだ少し残ってぶら下がっていました。Photo

 
 そして冬を越し春を待つ新梢には、すっかり仲良しで顔なじみになった楓の坊やがいました。維管束から滲み出した水滴が表情を豊かにしていました。Rimg0067

Img_4506

Rimg0070

 風邪ひいて枯れないように頑張って、春には、一向に元気のでない日本の後押しが出来ますように。そして元気に明るく新しい年度がスタートができるようがんばります。有難うございました。

|

« 2010/12 天空列車で行くチベットへの旅⑥ 余話:ジャマの木/冬芽と葉痕 | トップページ | 2011年の初めに »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/38242871

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/12 モミジバフウ:冬芽と葉痕・維管束痕:

« 2010/12 天空列車で行くチベットへの旅⑥ 余話:ジャマの木/冬芽と葉痕 | トップページ | 2011年の初めに »