« 樹皮に生えたコケ:コダマゴケ(タチヒダゴケ)、不明のコケ、ヒナノハイゴケ | トップページ | ヤブヘビイチゴ、コバノタツナミ、サザンカ »

2010年12月18日 (土)

コンクリートの上に生えた蘚苔類(ネジクチゴケ、ダイダイゴケ類、不明苔類)

 都市や山地を問わず、コンクリート製の構造物・建設物上に蘚苔類が生えて著しく、景観、美観を損ねている光景を日常的に見る機会があります。
 これを逆手にとって、都市のヒートアイランド現象を抑える手段として、コンクリート構造物や壁面などに、コケ植物(スナゴケなど)を人工的に貼りつけて定着させる、などの試みもなされているようです。(→http://www.cit.nihon-u.ac.jp/kenkyu/kouennkai/reference/No_40/4_kenchiku/4-004.pdf

 コンクリートに含まれるカルシウムを好むコケ類があるそうです。以下がそうなのかどうか。たまたまそこにあっただけかもしれません。

 
ネジクチゴケ(蘚類):
 山地斜面の法面のコンクリート擁壁に生えていました。かなり乾いて葉が萎縮していましたので、絵合わせは困難でしたが、ネジクチゴケとしました。間違っているかもしれません。Photo_2

 
ダイダイゴケの仲間(地衣類):
 橋のコンクリート部分に橙色のかさぶた状になって生えていました。古くなったコンクリート製の溝蓋などにもたくさん生えて美観を損ねています。Photo_3

 
不明のコケ:
 古くなったコンクリートブロックにマット状に着生していました。それなりに色が綺麗だったので撮ってみたものです。これも地衣類でしょうか。2010410img_6048

|

« 樹皮に生えたコケ:コダマゴケ(タチヒダゴケ)、不明のコケ、ヒナノハイゴケ | トップページ | ヤブヘビイチゴ、コバノタツナミ、サザンカ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/37987975

この記事へのトラックバック一覧です: コンクリートの上に生えた蘚苔類(ネジクチゴケ、ダイダイゴケ類、不明苔類):

« 樹皮に生えたコケ:コダマゴケ(タチヒダゴケ)、不明のコケ、ヒナノハイゴケ | トップページ | ヤブヘビイチゴ、コバノタツナミ、サザンカ »