« 晩秋の甲府盆地から眺めた山岳風景 | トップページ | ふりゆくものは、ぴんころで »

2010年12月 2日 (木)

山里の木の実:ウメモドキ、ガマズミ、ムラサキシキブ

 人里に近い低山の林縁には、晩秋になると実をつけるいろいろな種類の低木や潅木があって、それがハイキングの楽しみでもありますが、またそれらの木の実は、特に昆虫類が少なくなった秋冬季には、野鳥の餌としても重要なものになっています。
 野鳥が食べる木の実は、人が食べて必ずしも美味しいものとは限りません。グミ、ヤマブドウなど美味しいものも多いですが、野鳥が好んで食べるガマズミ、サクラの実などはあまり美味しいとはいえません。
 ドングリ、エゴノキなど等、渋味,苦味,辛味などを含む実は、そのままでは人の口に合いませんし、また中には人に有害なものもありますから注意が必要です。

 さて、晩秋の一日、ピーヨ、ピーヨと甲高いヒヨドリの鳴き声が聞こえる山道を辿っていくと、林縁に、真っ赤に色づいたウメモドキ、 ガマズミ、 そして薄紫のムラサキシキブがありました。ただ、いずれの木の実も、すでにその数はだいぶ残り少なくなっていましたが。

 
ウメモドキ:Img_3551

 
ガマズミ:1119img_3605

Photo

 
ムラサキシキブ:
 山野に生える落葉低木。苗木がホームセンターなどでも売られていて、お庭などに植えられ、薄紫色の実を鈴生りにつける「ムラサキシキブ」(と呼ばれている木)は「コムラサキ」の場合が多いようです。
 自生のムラサキシキブは、コムラサキに比べて実のつき方がまばらで、いっそう自然な感じがしました。1119

 
 野鳥が好む漿果類では、ガマズミ,ウメモドキ、ナナカマドなどの赤色や、ツルウメモドキ、トキワサンザシ、柿など橙色のものが圧倒的に多いものです。
 一方、薄紫色系統の木の実はムラサキシキブなどで、多くはありませんが、こちらはあまり好まないそうです。ほかに餌がなくなると食べるということで、人と同じように野鳥にも”おいしい色”というのがあるのですね。
 なおウメモドキの実は、果肉の部分に発芽抑制物質があり、小鳥のおなかを通過しないと発芽しない仕組みになっていて、それで鳥に種を遠くに運んでもらい分布を広げるそうで、ほかにもこのような特性を持った木の実はたくさん有るそうです。うまく出来ています。

参考:
 図書館の植栽コムラサキシキブ:Img_3747

|

« 晩秋の甲府盆地から眺めた山岳風景 | トップページ | ふりゆくものは、ぴんころで »

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/37904864

この記事へのトラックバック一覧です: 山里の木の実:ウメモドキ、ガマズミ、ムラサキシキブ:

« 晩秋の甲府盆地から眺めた山岳風景 | トップページ | ふりゆくものは、ぴんころで »