« ふりゆくものは、ぴんころで | トップページ | コウヤボウキ »

2010年12月 4日 (土)

アキノタムラソウ

 11月中旬、山里のハイキングコース沿い林縁の草地にアキノタムラソウが点々と咲いていました。”アキノ”という名前がついていますが、夏には咲き始めますので、かなり長い間楽しめる野草です。Img_3566

 
 アキノタムラソウは、シソ科アキギリ属の多年草で野原や疎林・山里の道ばたなどに生えています。
 葉は対生し3~7個の小葉からなる奇数羽状複葉で、小葉は鋸歯のある長さ2~5cmの広卵形。先は尖っています。下部の葉には長い柄があり、また茎の上部の葉は複葉とならず葉柄も短いです。なお、葉には変異が多いということです。
 茎は四角で、上部で分岐し、高さ20~50cm。Photo

 
 茎の上部に長さ10~25cmの花穂をだし、長さ1~1.3cmの青紫色の唇形花を数段輪生します。Photo_2Img_3563

 
 花冠の外側には白い毛が多く見られます。Photo_3

 花期は7~11月、分布は本州、四国、九州。
 花の少なくなった晩秋の山地で見た花は、とても印象的でした。(なおナツノタムラソウ、及びタムラソウという名前の別の植物があります。)

|

« ふりゆくものは、ぴんころで | トップページ | コウヤボウキ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/37911652

この記事へのトラックバック一覧です: アキノタムラソウ:

« ふりゆくものは、ぴんころで | トップページ | コウヤボウキ »