« ヤブヘビイチゴ、コバノタツナミ、サザンカ | トップページ | 頑張るモンキチョウ、モンシロチョウ、ベニシジミ、そして元気なヒメアカタテハ »

2010年12月20日 (月)

クリオオアブラムシの出産

 12月中旬も終わり頃になった晴天の日中、モミジバフウの新梢に、黒ゴマのようなものが付いているのが目につきました。
 どう見てもアブラムシの仲間です。ただ、触覚は短く、脚は長く、大きさは4~5mmはありそうな大型です。Photo

 
 あちこちの場所に点々と付いていて、近寄ってみると、別のところではお尻りを持ち上げて、なにやら出しています。ゴキブリの卵鞘の風情です。Rimg0034jpgtrm

 
 拡大してみると、卵ではなく、仔虫を生んでいたのでした。Rimg0032jpgtrm

Rimg0084

Rimg0031jpgtrmcc

 
 アブラムシの出産シーンに出くわすなんて、あまり”嬉しい”ことではありませんが
・・・
 ネットで少し調べてみると以下のような情報がありましたが、「無翅胎生雌虫」発生時期や、吸汁樹種など、記載内容に少しずつ一致しない点があって、正しいかどうか分かりませんが、姿形などからクリオオアブラムシ(ではないか)としました。

クリオオアブラムシ:
 全身黒色の大型アブラムシで、触覚は短く、脚は長い。なお有翅型の翅は黒色で、白い斑点がある。冬季には卵で越冬し、成虫は死ぬ。
 体長: 無翅胎生雌虫 約4~5mm
 出現期: 無翅胎生雌虫は4~6月 越冬卵を生む成虫は10~11月
 吸汁樹種: クリ、クヌギ、カシ類などブナ科の樹液を吸う。〈今回たまたま見かけた木、モミジバフウはマンサク科〉
 

|

« ヤブヘビイチゴ、コバノタツナミ、サザンカ | トップページ | 頑張るモンキチョウ、モンシロチョウ、ベニシジミ、そして元気なヒメアカタテハ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/38129551

この記事へのトラックバック一覧です: クリオオアブラムシの出産:

« ヤブヘビイチゴ、コバノタツナミ、サザンカ | トップページ | 頑張るモンキチョウ、モンシロチョウ、ベニシジミ、そして元気なヒメアカタテハ »