« アオサギさんとダイサギさん | トップページ | 2011.1 調節池全面結氷 »

2011年1月14日 (金)

1月のホトケノザ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、そしてヒバリも

 大晦日からずっと晴天続きで、そのため湿度はカラカラです。さすがに空気はけっこう冷たくなりました。風の強い日には、鼻の奥がツンと痛くなることもあります。しかし雪国のご苦労に比べれば、どうってことはありません。
 散歩に出ると、日当たりの良い畑地の脇に、早春雑草の代表格の、ホトケノザが赤色の唇形花を、ヒメオドリコソウも淡いピンクの唇形花を、そしてオオイヌノフグリが皿型の青い花をつけていました。Blg2011112rimg0046

 1枚の画面にすっぽりおさまるごく狭い範囲に一緒に生えていた、春のかけらです。

 いずれの花も、真夏の間には見かけませんが、小春日和になる11月位から冬の間の日当たりに、時々咲いているのを見かけます。

 
 枯れ草色の原っぱには、Rimg0002

 
 少し距離が遠すぎて不鮮明ながら、まだ鳴き声をあげていないヒバリの姿も見えました。Blg2011112

 そのうちに、空を仰げば揚げ雲雀、でしょう。

|

« アオサギさんとダイサギさん | トップページ | 2011.1 調節池全面結氷 »

植物」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/38455742

この記事へのトラックバック一覧です: 1月のホトケノザ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、そしてヒバリも:

« アオサギさんとダイサギさん | トップページ | 2011.1 調節池全面結氷 »