« 2010/12 天空列車で行くチベットへの旅⑨ 6、7日目、ラサ、成都、北京、そして帰途に | トップページ | イチョウの冬芽と葉痕・維管束痕 »

2011年1月 8日 (土)

七草の日、田んぼの中の天神様とバイブル

 昨日は全国的に冷え込みがきつかったようです。中でも、寒いことでは有名な北海道広尾郡大樹町では-23.9℃を記録したというニュースでしたが、自宅でも屋外のメダカ鉢に氷が張りました。
 年末から晴天続きですが、さすがに吹く風は冷たく、お昼前にカメラをぶら下げて外出し、撮影のため手袋を外すとすぐに指がかじかんでしまいました。

 広い水田地域の真っ只中に、ぽつんと一本、傾いだ松の樹があり、脇にごく小さなお社(祠)があります。Rimg0101

 
 普段は近くに行くこともなく、ましてやその由来も何も知らないのですが、軟弱者、寒さに耐えかねて近道して帰る時、傍を通りかかりました。

 見ると、お正月にお祀リがされた様子がありましたので、はじめてのこと、昨年末に習ったばかりの五体投地礼もしないで、失礼ながら”覗きに”行ってみました。Rimg0100

 
 石造りの観音扉が開いていて、中に『天神宮』が納められてあり、鏡餅とミカンがお供えされていました。
 そして外には、なんと”THE REVISED ENGLISH BIBLE”なるものが、奉納、なのか、お供えなのでしょうか、立てかけてありました。Rimg0097

Rimg0098jpgtrm Rimg0099jpgtrm

 何時からのことか分かりませんが、年末からずっと晴れ続きで、一度も雨が降っていないせいもあって、真新しいように見えました。
 もちろん、天神様にも聖バイブル様にも畏れ多く、近寄ったり触ったりはいたしません。
 
  田の中の 小さき宮の天神に 改宗 勧(ススム)や 改訳聖書(RIVISED BIBLE)  (詠み人:奇々怪々)

 日本は覇気に乏しいけれど、不思議に満ちた良い国です。天神様、ヤソ神様に改宗されますか?

|

« 2010/12 天空列車で行くチベットへの旅⑨ 6、7日目、ラサ、成都、北京、そして帰途に | トップページ | イチョウの冬芽と葉痕・維管束痕 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

不思議な光景ですね。
青空だから余計にそう感じてしまいます。

日本は覇気が乏しい国・・・・そうですね、乏しいというよりほとんど無くなったのかもしれません。

投稿: kin | 2011年1月 9日 (日) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/38379897

この記事へのトラックバック一覧です: 七草の日、田んぼの中の天神様とバイブル:

« 2010/12 天空列車で行くチベットへの旅⑨ 6、7日目、ラサ、成都、北京、そして帰途に | トップページ | イチョウの冬芽と葉痕・維管束痕 »