« 散歩道から見えた冬の山並 | トップページ | 1月のホトケノザ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、そしてヒバリも »

2011年1月13日 (木)

アオサギさんとダイサギさん

 晴れた冬日のお昼前、少しばかりの間を置いて、田んぼの脇の堤防に、アオサギさんとダイサギさん、お腹が空いたと思案顔。Photo

 
 やがてどちらもかたわら(傍)の、水路に向かいいそいそと、魚を捕りに行きました。
ダイサギさんはトコトコ歩き、斜面を降りて水の中。あたりをキョロキョロ見回して、Photo_2

 
 ヨシの根元に見つけた魚、狙い定めて一回目、捕れたと思えば水だけ飲んで(ゲボッ)、二回目やっぱり空気だけ(オエッ)、三度の正直、捕れたかな、Photo_3

 
 と、思いきや突然に、あのアオサギさんの長い首、ヌーっと突きでたそのサマ(様)に、びっくり仰天ダイサギさんは、慌てて飛び退き、睨み合い。
 ”ナ、ナンダよゥ、突然に!”
 ”オメエこそ何やってんだ、うサギじゃあるめェし、空振りばかりの下手糞がァ!”Photo_4

 
 腹が減っては戦もできぬ。飯食う前の争いはやめておこうと、そこはサギ、いサギよくお別れで、元いたところに退却します。Photo_5

 
 こちらを見つめてアホサギ、いやアオサギが言う。
 ”それにしても暇なおっさんやなあ。今、政治が大変なんやろ、あ、そうか、人間には相手にされへんな”。
 ”うるさい、サギなんかに言われたくないわ、しかしなんで関西弁やねん。あのな、大阪にはもっと出来るサギがおるで。呑み込めんほどの大きな魚を捕るんやて、知らんか?”。Photo

 ”そんなん知らんわ”。
 ”田舎のサギはアカンな”。
 ”何言うねん、振り込めサギより、よっぽどマシや”。
 そらそうだ、と思わず納得する暇人日記。

(ダイサギ、としましたが、チュウサギと区別が難しくよく分かりません。この時期、嘴の色も足の色も同じで、口角の切れ込みの長さは判然としないし。体の大きさは、アオサギに負けないくらいに見えましたから、ダイサギかと。
 参考:http://homepage2.nifty.com/takibi_club/bird/sagi-2.html

|

« 散歩道から見えた冬の山並 | トップページ | 1月のホトケノザ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、そしてヒバリも »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/38443951

この記事へのトラックバック一覧です: アオサギさんとダイサギさん:

« 散歩道から見えた冬の山並 | トップページ | 1月のホトケノザ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、そしてヒバリも »