« キノカワガ(木の皮蛾) | トップページ | もうすぐ春!②オオイヌノフグリ、シロバナタンポポ、セイヨウタンポポ、ナズナ、ホトケノザ »

2011年2月23日 (水)

もうすぐ春!①鹿児島紅梅、スギ雄花、コハコベ、ヒメオドリコソウ、セイヨウアブラナ

 春がすぐそこまでやって来ました。庭の鹿児島紅梅の小木も7、8分咲きになりました。
 公園のスギの雄花は炸裂寸前、花粉散布準備完了、今やおそしと、晴れて風が吹くのを待っています。
 そして草地には早春を飾る雑草がもう春、と 花を開いています。

鹿児島紅梅:
 やってくるのはウグイスではなくヒヨドリ。愛想なしです。
7r0010259

 
スギ雄花:
 時限スイッチは既に起動しています。花粉弾炸裂はもう秒読でしょう。公園には近寄りがたくなります。R0010314

 
コハコベ:
 島崎藤村が、小諸なる古城のほとり、・・・緑なすはこべは萌えず・・・若草も籍(し)くによしなし と詠った「はこべ」は春の七草で、昔はどこにでも生ええいましたが、今は特に市街地には少なくなりました。 
 近くの道ばたや畑地、野原、公園の植栽の隅などに生えているのはほとんどが外来種の「コハコベ」です。R0010239
 在来種のハコベ(ミドリハコベ)に比べると少しコンパクトな感じで、茎も紫色を帯びていることが多く、また葉の先端は尖ってひし形になり、やや波うっています。さらに、葉の先端や縁が紫色になっています。
 花は白い5弁花ですが花弁が深くV字に切れ込んでいるため、10弁花に見えます。

 
ヒメオドリコソウ:
 群落を形成するようになれば春本番です。R0010240

 
セイヨウアブラナ:
 河川堤防などを黄色に埋める頃には、スギ花粉に苦しみながら、若菜摘みが楽しめます。R0010294

|

« キノカワガ(木の皮蛾) | トップページ | もうすぐ春!②オオイヌノフグリ、シロバナタンポポ、セイヨウタンポポ、ナズナ、ホトケノザ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/38972270

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ春!①鹿児島紅梅、スギ雄花、コハコベ、ヒメオドリコソウ、セイヨウアブラナ:

« キノカワガ(木の皮蛾) | トップページ | もうすぐ春!②オオイヌノフグリ、シロバナタンポポ、セイヨウタンポポ、ナズナ、ホトケノザ »