« イソシギ | トップページ | カワセミ »

2011年2月11日 (金)

カワラヒワ、マヒワ

カワラヒワ(スズメ目アトリ科ヒワ属):
 (留鳥/漂鳥)全長約15cm。
 晩秋から冬には数十羽という群れをつくって、散歩コースの、畑地や堤防、草原にやって来ます。
 また春先には街中にも飛んできて、庭木の梢や電線、テレビアンテナなどにとまってキリリコロロ、ヴィーンとさえずっています。
 草地に降りた時には風景にとけこんで目立ちませんが、飛び立つと羽の鮮やかな黄色が目立ちます。17_p1070002jpgtrmcc

17_rimg0095

 多くの地域で留鳥としてよく見られます。
 平地では市街地の庭や公園、山地では山里の杉林や松林、カラマツ林などの明るい林に住んでいます。
 繁殖期には雌雄または幼鳥を伴った家族群で生活しています。

 
●マヒワ(スズメ目アトリ科ヒワ属):
 (留鳥/漂鳥)全長約13cm。
 当地(埼玉)には冬にやって来る(冬)鳥ですが、周囲に木立のある環境が少ない自宅付近では、見かける頻度は多くはありません。
 2月になってから、隣町の図書館近くの林でくつろいでいる姿を見かけたものです。
 カワラヒワに較べて全体に黄色みが強く、頭に黒いベレー帽を被っているように見えるのが特徴です。
  (写真はクリックで拡大します)P2100026

2r

P2100038

 北海道や本州中部以北では留鳥です。繁殖期には北海道の山地の針葉樹林から林縁に生息し、繁殖期以外は群れで生活します。
 秋冬には群れを作って山地から平地の林にやってきます。
 食性は植物食で草の実や、ハンノキ、コナラ、ニレ、スギ、カバノキ、マツなどの木の種子や花芽も食べています。

|

« イソシギ | トップページ | カワセミ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/38818863

この記事へのトラックバック一覧です: カワラヒワ、マヒワ:

« イソシギ | トップページ | カワセミ »