« カシラダカ(冬鳥) | トップページ | ヒドリガモ(冬鳥)カルガモ(留鳥) »

2011年2月27日 (日)

キタテハ、スズメガの蛹

 先日2/25、当地では気温が20℃を越え、春一番が吹いた日のこと、日中は、上着を脱いでも日当たりの田圃道を歩くと汗ばむほどでした。
 この陽気を察して、さっそくキタテハが姿を見せました。R001035trm

 
 この春はじめて見たものです。陽溜りで翅をひろげて暖をとっている、という風情でした。R0010353trm

 キタテハは年2回発生し、夏型と秋型があります。越冬するのは秋型成虫で、春一番に姿を現すキタテハは、多くの場合、鳥に追い回されたりして、たいてい翅が傷んだ個体が多いのですが、この個体は早春を告げるにふさわしく、とてもきれいなものでした。

 
 同じ日の午後になって、自宅前のアスファルト道路に、スズメガの仲間のものと思われる大きさ4cmほどの蛹がコロンと転がっているのが目にとまりました。
 通学路になっていて人通りと、時に車も通る生活道路で、どうしてこんなところにと理解に苦しむのですが、とくに損傷もしていませんでしたので、拾って土の上に転がしておきましたがどうなるやら・・・(写真は拾ってから)R0010357

R0010358

|

« カシラダカ(冬鳥) | トップページ | ヒドリガモ(冬鳥)カルガモ(留鳥) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/39024183

この記事へのトラックバック一覧です: キタテハ、スズメガの蛹:

« カシラダカ(冬鳥) | トップページ | ヒドリガモ(冬鳥)カルガモ(留鳥) »