« ダイサギ/チュウサギ(主に夏鳥)、コサギ(留鳥) | トップページ | カツラ、冬芽と葉痕・維管束痕 »

2011年3月 9日 (水)

ヤマグワ(別名クワ)の冬芽と葉痕・維管束痕;ナガミヒナゲシ

ヤマグワ:
 堤防の斜面にクワの木が1株自生しています。切り倒されないで残ったようです。通りがかりに、はっきりした葉痕が目立ちましたので覗いて見ました。

 冬芽は水滴形で淡い褐色。葉痕は隆起しています。維管束痕は輪状です。R0010300trm

 その昔、養蚕が盛んであった時代には、カイコの餌としてあちこちの畑に植栽されていましたが、現在は限定された地域でしか見られません。雌雄異株で4月頃に緑色の球状の花序を形成し、淡黄緑色の花弁がない裸花が尾状について垂れ下がります。
 童謡『赤とんぼ』に、♪♪山の畑の 桑の実を 小籠(こかご)に摘んだは まぼろしか♪♪ と歌われた桑の実は、7月頃には赤色から黒紫色に熟して食べることができ、子供のおやつになったもので、懐かしいです。

 
ナガミヒナゲシ:
 雑草が一気に生えてきた中に、それと見てすぐわかるナガミヒナゲシも一株、負けずに葉を広げていました。春ですね。R0010355

R0010356

|

« ダイサギ/チュウサギ(主に夏鳥)、コサギ(留鳥) | トップページ | カツラ、冬芽と葉痕・維管束痕 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/39002031

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマグワ(別名クワ)の冬芽と葉痕・維管束痕;ナガミヒナゲシ:

« ダイサギ/チュウサギ(主に夏鳥)、コサギ(留鳥) | トップページ | カツラ、冬芽と葉痕・維管束痕 »