« 2011/3月末の信州路を歩く(その2) 山の風景 | トップページ | 2011/3月末の信州路を歩く(その4) ウリハダカエデ、タラノキ葉痕、フキノトウ、コケ、マンネングサの仲間 »

2011年4月 6日 (水)

2011/3月末の信州路を歩く(その3) 冬芽と葉痕、維管束痕(オニグルミ、ハリエンジュ、タムシバ、ヤマウルシ、キハダ)

 3月末の信州路を歩いてきました
冬の間、山地や山里の雑木林、林縁に出かけると、葉を落とした木々が寒そうに見えますが、枝先をのぞき込んで見ると、春に備えて休眠している葉や花になる「冬芽」(とうが/ふゆめ)が目につきます。
 また葉が脱落した痕の「葉痕」と、その中に「維管束痕」(“維管束”は水分や養分が通る“管”のことで、葉、枝、幹、根とつながっています。そして葉痕の中に、その管(維管束)の断面が斑点のように残っているのが維管束痕です)があり、その数や並び方は木の種類によって異なっていて、葉痕と維管束痕のつくりだす形には、全体として、まるで人や動物の顔のように見えるものや、面白いものがあり、冬の雑木林歩きの楽しみにもなるのです。

 暖地では冬芽は既に動き出していますが、信州ではまだ春浅く、除雪された道路の林縁で、通りすがりに何種類かの冬芽と葉痕・維管束痕を観察することができました。いずれも雪を背景にして。

オニグルミ:
 羊の顔に見立てられることが多いです。この世界では有名です。ルーペなど必要なく、肉眼で十分楽しめる大きさです。雪焼けで黒い顔でした。R0010934

 
ハリエンジュ(別名ニセアカシア):
 冬芽は葉痕の中に隠れています(隱芽)。葉痕は丸みのある三角形で、葉痕の中央が盛り上がり3つに裂けます。葉痕の両側に鋭いトゲがあります。葉痕とトゲは悪魔のようだ、とか、オオカミのように怖い顔、と見られます。4r

 
タムシバ:
 花芽は大きく、ボサボサと乱れた白い軟らかい毛で被われています。葉芽は灰色の寝た毛に覆われています。葉痕はV字形、維管束痕は多数が1列に並んでいます。観察にはルーペが必要です。
 使い古した筆のようです。3r

 
ヤマウルシ:
 枝先の頂芽は大きく、水滴形~円錐形。葉痕は肉眼で十分楽しめる大きなハート形~三角形でやや隆起して。います。観察した時はすべて赤ら顔でした。
 維管束痕一個の形はV字や三角、丸、線形など色々です。それが5個、V字形に並んでいます。酔っぱらいの顔、かな。Photo

 
キハダ:
 オニグルミさん同様、この世界の”有名人”。ピエロに見立てられることが多いようです。
冬芽はほぼ半球型で、赤みを帯びた茶色の伏毛に覆われています。葉痕はO字形で、肉眼で観察できる大きいものです。維管束痕は3個あります。2r

                                    (続く)

|

« 2011/3月末の信州路を歩く(その2) 山の風景 | トップページ | 2011/3月末の信州路を歩く(その4) ウリハダカエデ、タラノキ葉痕、フキノトウ、コケ、マンネングサの仲間 »

植物」カテゴリの記事

登山/ハイキング」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/39508734

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/3月末の信州路を歩く(その3) 冬芽と葉痕、維管束痕(オニグルミ、ハリエンジュ、タムシバ、ヤマウルシ、キハダ):

« 2011/3月末の信州路を歩く(その2) 山の風景 | トップページ | 2011/3月末の信州路を歩く(その4) ウリハダカエデ、タラノキ葉痕、フキノトウ、コケ、マンネングサの仲間 »