« 絶対の安全とは/ヒドリガモ | トップページ | ツグミ、シラコバト、トリウム »

2011年4月 2日 (土)

キュウリグサ

 今日は日中の気温が20℃を越え、習慣で今までと同じように着込んでいたら暑くて、ジャンパーを脱ぎ、マフラーをとり、ベストも脱いで、と間抜けな話です。
 おかげで、大量の花粉が飛んでいます。おまけの余震(震度3)もありました。

 野原の雑草が一気に花をつけだしました。私の好きなキュウリグサですが、例年2月末から3月初めには目にしたものですが、今春は、先の東日本大震災のせいもあって、しばらくうろうろ外出もままならなかったこともあり、先日やっと街中で見つけました。
 当たり前ですが、いつもとかわらぬ草姿に、人間の思惑を超えた自然の営みを感じることができました。

キュウリグサ:
 葉を揉むとキュウリの香りがする道ばたに生える2年草の雑草なのですが、花粉症で鼻が馬鹿になっているこの時期、嗅いでみても何も匂いません。R0010758_2

 
 花はごく小さく直径は5mmほど、花弁は水色で中心付近が黄色の花冠です。一見、五弁花のように見えますが、基部で全部つながっています。R0010758_3

R0010758trmcc_4

 
 花序は最初サソリの尾のように巻いていますが、2r_2

 
 花が咲き進むにつれてまっすぐになり、立ち上がっていきます。R0011106

 このような花序は「サソリ型花序」、または「巻散花序」と呼ばれ、ムラサキ科の植物に多い形です。

|

« 絶対の安全とは/ヒドリガモ | トップページ | ツグミ、シラコバト、トリウム »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/39462664

この記事へのトラックバック一覧です: キュウリグサ:

« 絶対の安全とは/ヒドリガモ | トップページ | ツグミ、シラコバト、トリウム »