« アジアイトトンボの羽化(その3) | トップページ | 2011/4 庭で最初のツマグロヒョウモン羽化 »

2011年5月11日 (水)

アジアイトトンボの羽化(その4)

 5月になって、今度は白メダカ水槽で、R0011732

 
 再びアジアイトトンボが孵化しているのに気が付きました。
5月2日の正午過ぎ、水槽に沈めてあるナガバオモダカの鉢植え株に、体色がしっかり発現しているイトトンボがとまっていたのです。5021208r0011890

 
 ただ、またもや、翅が途中で噛み切られたように損傷していました。羽化してまだ動けないでいる時に災難にあったのだと思われます。52

 
 近寄ると警戒して、つかまっている茎のまわりをぐるぐる動くのですが、飛べないので水面上のこの場所から移動できません。
 やむを得ず別の植木鉢につかまらせておきました。
 
 水槽をのぞくと、まだ一匹ヤゴがいるのがわかりました。すぐに隠れてしまいましたが。521210r0011894

 
 とまっていた茎の下部に残っていた抜け殻です。大きさは以前の記事のものと同じでした。Photo

 羽を損傷したトンボは数日後には姿が見えなくなりました。自然の水辺の草むらと異なり、無防備の環境ですから、飛び立つまでの間に起こるリスクは仕方ないのでしょうか。
 (家の中には、”極楽蜻蛉”が1匹、住みついているのですがねえ・・・)

|

« アジアイトトンボの羽化(その3) | トップページ | 2011/4 庭で最初のツマグロヒョウモン羽化 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アジアイトトンボの羽化(その3) | トップページ | 2011/4 庭で最初のツマグロヒョウモン羽化 »