« 草原にいつでも飛んでいるチョウ | トップページ | サンショウ(山椒) »

2011年5月 6日 (金)

荒れ模様の1日

 暦の上では、今日が立夏。ホントですか、というようなここ数日です。日の出が4時台と、とても早くなっている事だけは確かです。

 さて、5月1日、東日本大震災以来はじめて、所用のためマイカーで出かけてきました。そして北陸道、上信越道、関越自動車道と、片道400km少々を走ってきました。
 当日は悪天候で強風が吹き荒れ、一部区間では時速50kmの速度規制もありました。

 今春、北アルプスでは4月になっても降雪が多く、一部で田植えも始まった水田の向こうには、残雪の多い寒々とした山並みが見える鈍色の光景がありました。
 剣岳山頂は雲の中。R0011873

R0011872

R0011877

 
 上信越自動車道、新井PAから見えた妙高山系。ここでも車から出ると首をすくめるような肌寒さ。R0011881

R0011878

 真っ白い花をつけたユキヤナギの生垣も画面に暗く沈んでしまい、天気は一向に回復の兆しがありませんでした。夕刻帰着時に関東は雨。

 こういう天気で、こんな道中では、なんとなく 『花に嵐の例えもあるさ、さよならだけが人生だ』 というような予感も。

 (後日、ゴールデンウイーク中の雪山遭難事故ニュースの多さに驚きました。非日常性の世界におもむかれるのだから、リスクは十二分承知のうえのことなのでしょうけれど・・・残念なことです。)

|

« 草原にいつでも飛んでいるチョウ | トップページ | サンショウ(山椒) »

自然」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/39869719

この記事へのトラックバック一覧です: 荒れ模様の1日:

« 草原にいつでも飛んでいるチョウ | トップページ | サンショウ(山椒) »