« バン、ヌートリア、そしてミシシッピアカミミガメ | トップページ | ゴマフリドクガ幼虫 »

2011年5月 1日 (日)

クサカゲロウの仲間

 風薫る5月、なにはともあれ気持は爽やかに。
さて、相変わらずの暇人日記。

 草むらにしゃがみ込んで、目を凝らしてみると、通常の視点では見えないものが視界に入ってきます。
 むろん、散歩コースの堤防でそんなことをしていれば、ほぼ不審者です。
 単なる暇人に過ぎないのですが。
 後ろを、お犬様連れで通りかかるオバ様からは、“何シテルカ?”
 オジイちゃんからは、“何採ってる、タンポポ、違う、ツクシか”、”・・・・・・・・・・タヌキです”、と分裂気味。

 羽虫の幼虫が食い荒らしているギシギシの葉裏に何かがいました。
 10秒で見つかるでしょうか。
 目が光っていなければ、ほぼ完全に葉っぱにとけこんでいます。R0011610trm

 儚きものの喩えのカゲロウです。日本の文化にもとけ込んでいますね。

 クサカゲロウの仲間のようです。
 種類がたくさんあって、素人には同定できません。
 クサカゲロウの仲間は、幼虫の時も含めてアブラムシ(アリマキ)を捕食する益虫です。R0011611

 
 アングルを変えてR0011613

 
 もっと近寄って、光る眼を。宝石のように見えるでしょうか。(画像はクリックで拡大します)R0011612

 
 寄りすぎて逃げられて、傍のイネ科雑草に逆さにとまったところ。
 日陰になって、胴体の部分がわかりやすくなりました。
 やはりかなり透明感が強い個体です。R0011615trmccjpg

 なお余談ですが、植物の葉裏に、糸のついた米粒のような形の小さな白い卵が、十数個ぶら下がっているのを見かけることがあります。
 クサカゲロウの卵です。(庭木の葉裏で見かけたことがあり、その写真を探しましたがすぐには見つかりませんでした。)
 その様を、法華経に出てくる3000年に一度咲くといわれる優曇華の花になぞらえて、ウドンゲの花とも呼んでいます。

※クサカゲロウ:
 アミメカゲロウ目クサカゲロウ科の昆虫の総称。緑色の柔らかい虫で、目が宝石のように光る。翅の開張3~4cmのものが多い。外敵にあうと臭いにおいを出すものもある。低木や草むらの上に見られ、アリマキなどの小昆虫を捕食する。
 ニッポンクサカゲロウ、ヨツボシクサカゲロウ、ホシクサカゲロウ、など日本に約40種が分布する。(広辞苑から)

 臭カゲロウ、草カゲロウ、ましてや、臭か下郎、・・・・ではないのです。
 仲間には少し大型のウスバカゲロウ(薄馬鹿下郎ではありません。幼虫は有名な”アリジゴク”です。)がいます。
 昆虫達も本格的な活躍のシーズンです。

|

« バン、ヌートリア、そしてミシシッピアカミミガメ | トップページ | ゴマフリドクガ幼虫 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/39759270

この記事へのトラックバック一覧です: クサカゲロウの仲間:

« バン、ヌートリア、そしてミシシッピアカミミガメ | トップページ | ゴマフリドクガ幼虫 »