« サイエンスカフェ(2011.5.20) | トップページ | カクテル(薔薇) »

2011年5月23日 (月)

オヤブジラミ(雄藪虱)

 どうでもいい目立たない雑草ですが、クロハネシロヒゲナガが花の蜜を求めてやってきていたので記録のため項を改めてUPしました。

オヤブジラミ(雄藪虱)(セリ科ヤブジラミ属):
 ヤブジラミとよく似ていて、野原や道端などしばしば同じ環境に混生している2年草の、オヤブジラミです。
 堤防では、クロハネシロヒゲナガの飛んでいたネズミ麦などの茂みの中に生えていました。(再掲)5131

 またそれ以外の荒地などにも、この時期よく見かけます。

 
 セリ科植物に多く見られる複散形花序の先に、白い小さな花をたくさん付けますが、ヤブジラミとの違いは(オヤブジラミの方が)、花弁の縁が赤い、花期がヤブジラミの6~7月に対して1月ほど早い5~6月、R0012317_2

R0012487

 
 また果実が赤紫色を帯びる、などです。R0012487_2

 またオヤブジラミは花柄が3出してから、さらに5~8に分岐しますが、ヤブジラミは最初から、一度に5~8に分岐します。
 なお、実にはカギ爪状の硬い刺毛がたくさん生えていて、“ヒッツキモチ”になって、シラミのように服などにつくことから、この名がつけられたということです。
 この時期、近くで目にするのはほとんどこのオヤブジラミばかりで、ヤブジラミは見かけません。少し後になるなら、たぶん雑草刈り取り作業でいっせいに駆られて見られないでしょうか。

|

« サイエンスカフェ(2011.5.20) | トップページ | カクテル(薔薇) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サイエンスカフェ(2011.5.20) | トップページ | カクテル(薔薇) »