« カクテル(薔薇) | トップページ | クロイトトンボとアジアイトトンボ »

2011年5月25日 (水)

ディンティ・ベス(薔薇)

 去る5/20、今シーズン最初に開花した一輪です。
 まだ”昔の郵便局”だった頃、郵便配達の年配のおじさんが、いい花だ、と言ってくれた一重咲きの薔薇、ディンティ・ベス。520r0012582trmcc

 放任すると枝はまっすぐに伸びて3~5mの立ち姿になり、見上げるように咲くので、少し仕立てが必要です。
 園芸書によれば、株元から出る太い芽(べイサルシュー卜と言う)を、そのままにしておくとたくさんの花がほうき状について樹を弱らせるので、50cmほど伸びたら先端10cmを切り取り、わき芽が再び伸びてきたら同様に折り取ること、これを秋まで繰り返すようにすると良い、とのことですが、なかなかできませんね。

 淡いピンクの大きな花弁と、雄しべの(柄の)赤紫のコントラストがきれいです。珍しいのだそうです。R0012640

 
 日が経つに連れて、花のピンク色が薄れてきますが、爽やかな風情の一重咲きです。521r0012617trmcc

 
 そして、お定まりの害虫どもの襲来です。気がついたときにはこの有様。
 一両日中の犯行です。推定犯人はいるのですが、現行犯逮捕は困難で、やりたい放題。
 大きくなった蕾も殆んど被害に遭いましたので、しばらく次の開花はなさそうです。
 おもいっきり殺虫剤を散布すれば、無差別殺虫になり、無罪・無害・有益なものもいなくなるし・・・と、手をこまねいているとこの有様です。R0012607

Photo

 まあしかし、これで平和のバランスが保たれているのが自然なら、仕方ありません。

 
ディンティ・ベス(Dainty Bess)
 ・系統:Hybrid Teas
 ・ 特徴:イギリスの一重咲の名花。オシベの(柄の)赤紫色と花弁の淡ピンクのコントラストがきれい
 ・花の色:黄色がかった淡桃色(Shell-Pink)~淡桃色(Light Pink)
 ・香り:微香(only slight)~Mild spicy
 ・作出者/国/年度:Wm. E.B. & Daughter Archer、England、1925
 ・性質:病害抵抗性はあまりよくないが通常の管理で大丈夫
 http://www.rose-roses.com/rosepages/hybridteas/DaintyBess.html

|

« カクテル(薔薇) | トップページ | クロイトトンボとアジアイトトンボ »

植物」カテゴリの記事

コメント

 素人はこんなモンで仕方ないでしょうが、プロフェッショナルの世界ではそうはいきませんね。またなおさら、人間の世界では、”目には目を歯には歯を、同害報復”ときますから、とどまるところを知らず、抗争は永久サイクルに入ってしまって解決法は見つからない、ということにになりますよねえ。
 殺虫剤、どうしようかと(本当は面倒くさいのでやりたくないだけデス)、思案中です。

投稿: クロメダカ | 2011年5月26日 (木) 20時43分

このバラも一重ですが優しい色合いのバラですね。

虫食いのバラを撮られているクロメダカさんの
平和のバランスが保たれているのが自然・・・・
考えさせられました。いがみあって罵り合って
最後にモノを言うのはお金の世の中。虫に食われたって
来年また咲くから・・・そんなバラの一人ごとが聞こえてきそうです。

投稿: kin | 2011年5月26日 (木) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カクテル(薔薇) | トップページ | クロイトトンボとアジアイトトンボ »