« 山地の花(2)ウマノアシガタ、キジムシロ、ミツバツチグリ、ヤマブキ | トップページ | 5月最後の日、関越自動車道を走る »

2011年6月21日 (火)

山地の花(3)フデリンドウ、ワチガイソウ、クリンソウ、モミジイチゴ

 5月下旬、高原の草原、湿地帯、そして林道沿いに咲いていた花々です。

フデリンドウ:
 太陽の子、といわれるほど、お日様が大好きです。曇りの日には開きません。当日は薄曇りで、だいぶ探してやっと半開きのものが一株見つかり、撮れました。R0012933

 
ワチガイソウ:
 小さな白い5弁花を付けた、か弱い感じの植物が一株、ぽつんと生えていました。さて何だったか、なかなか思い出せませんでしたが、だいぶ前、別のところで記録したことのあったワチガイソウでした。また出会えてよかった。
 ワチガイソウは、落葉樹林の林縁などに生えるナデシコ科の多年草。茎の先端や対生する葉の葉腋から細い花柄を出して、星形の花を咲かせます。白い花弁に紫色の葯が可憐さを演出しています。R0012941

 
クリンソウ:
 高原の湿地で、少し水流のある中に、群落があって、数株が赤い花を付けていました。今までもあちこちの山や、山裾の湿地で自生している群落を見たことがあります。2r_3

 
モミジイチゴ:
 林道林縁に白い花を下向きに付けて生えていました。葉の形がモミジに似ています。鋭いトゲに注意です。Photo

|

« 山地の花(2)ウマノアシガタ、キジムシロ、ミツバツチグリ、ヤマブキ | トップページ | 5月最後の日、関越自動車道を走る »

植物」カテゴリの記事

コメント

kinさん、コメントありがとうございます。園芸種のリンドウには較べようがありませんが、山地のリンドウはいずれも小柄で、可憐さが感じられます。とにかく日光にはとても敏感らしいです。花後の姿も珍妙なのですが、今回は見当たりませんでした。

投稿: クロメダカ | 2011年6月23日 (木) 10時04分

フデリンドウ・・・きれいな色ですね。
ホームセンターに売られているリンドウとは野生だけあってちょっと違いますね。

投稿: kin | 2011年6月22日 (水) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山地の花(2)ウマノアシガタ、キジムシロ、ミツバツチグリ、ヤマブキ | トップページ | 5月最後の日、関越自動車道を走る »