« ヤマアジサイ、ヘメロカリス、カラー、コミスジ | トップページ | ゴマダラチョウ(第一化) »

2011年6月12日 (日)

変形菌マメホコリの仲間

 5月の下旬、数日続いた雨上がりの翌日、変形菌が子実体を形成するタイミングとしては少し条件がよくないから、見つからないかも、と思いながら、時間つぶしに行ってみた神社の森。
 太い腐木が無造作に転がっていて、いかにもありそうな雰囲気です。しかしなかなか見つかりません。だいぶ探してやっとほんの少し見つかりました。

マメホコリの仲間:2011525r0012809_3

 
 着合子嚢体型で、未熟のマメホコリの仲間の子実体ではないかと思います。マメホコリの仲間は以前にも見つけたことがありました。今回のものは明るい灰色で、ほぼ球形の子実体は雨に濡れて湿った様子。
2011525r0012809_2

 
 一つ潰してみると、乾いていれば文字通り、胞子がホコリのように飛び散り舞い上がるはずですが、まんじゅうのあんこのようにグジュとなっただけでした。2011525r0012809

 
 あちこちに無造作に転がっている腐木を回り歩いていた時に際に、腐木の表面になにかいっぱい積もっているのが見えました。

シロアリ:
 何だろうとそばに行ってみると、なんとおびただしい羽アリの大群がいたのです。どうやら腐木を住みかとしていたらしく、これから一斉に飛び立っていくところだったのでしょうか。2011525

 
 羽のない個体も見られました。何となく背中がぞくぞくするほどの景観でした。これも自然の営みです。14r0012817

|

« ヤマアジサイ、ヘメロカリス、カラー、コミスジ | トップページ | ゴマダラチョウ(第一化) »

変形菌(粘菌)」カテゴリの記事

コメント

ハクナマタタさん、コメントありがとうございます。老朽化した家屋の木材にとりついて廃屋にしてしまう輩でしょう。オオアリクイの住む森、なら良いのでしょうが。
 老朽化した我が身にも取り付こうとして回りを飛び回るやつを手で払いのけながら退散したものです。

投稿: クロメダカ | 2011年6月16日 (木) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤマアジサイ、ヘメロカリス、カラー、コミスジ | トップページ | ゴマダラチョウ(第一化) »