« ヤモリ | トップページ | ササグモ »

2011年6月 8日 (水)

ヒシバッタ

 春先の草原で、ヒシバッタを見つけました。ノヂシャが群生して小さな花を付けていたので写真をとろうとしゃがみ込んだ時、クローバの葉に居るのが目につきました。
 ごく普通にいるものですが、何しろ小さくて目立ちませんので、気づかないことがほとんどです。(撮影2011.4.26)Blg426r0011794_2

Blgr0011794_2

ヒシバッタ:
 上から見た翅の形がひし形に見える、とても小さなバッタ。体長は♂6~10mm、♀8~12mmほど。全体に灰褐色で、また前翅に黒い斑紋が1対あるものが一般的だが、地域や生息環境によっても体の色や背部の斑紋には変異が多い。
 翅は短くて飛ぶことは出来ず、体の割に太くて大きい後肢でピョンピョン跳ねるだけ。植物の葉や地上に生える藻類を食べる。
 出現時期:4~10月。分布:北海道、本州、四国、九州。年に数回発生し、幼虫または成虫で越冬。

|

« ヤモリ | トップページ | ササグモ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤモリ | トップページ | ササグモ »