« クモ三態(ハナグモ、コガネグモ、不明のクモ→ドヨウオニグモ) | トップページ | オオセスジイトトンボ(♂) »

2011年6月30日 (木)

ノシメトンボ、アキアカネ

 今年も半分が終わりになりました。このところの外出には熱中症予防対策が必須です。
そしてトンボの季節です。身近に見られるトンボの数も種類も多くなりました。

ノシメトンボ:
 翅の先端部分が黒いトンボで、時期になると毎日、屋外のメダカ水槽まわりにやってきます。
 ファミリアーなトンボで、近寄ってもすぐに逃げたりしません。どうかすると、とまって広げている翅の端を、指先でヒョイと掴まえることが出来るほどです。3r

 
アキアカネ大発生:
 曇天ながら朝から気温が上がって蒸し暑くなった先日、田んぼ道に行くと、アキアカネが一匹、枯れ草にとまっていました。逃げられないように少し遠くから撮影。そしてすぐ飛んで地面に下りたところでもう1枚。1

 
 その先の草地まで行くと、今度は3~4匹が飛んでいました。再度追っかけで撮影成功、と喜んだものです。Photo

 
 そしてさらに先に行くと、なんと特定の田んぼの稲叢に、まるでトンボをばらまいたように、多数のアキアカネが群がっている光景に出会いました。
 少し目をこらして観察すると、その田んぼにだけ、一面にトンボの姿がありました。先に見かけたものはここからまわりに飛んでいったものなのでしょう。R0013718

 
 農道の反対側にも、また周囲前後の田んぼにもそのような状況はありませんから、その田んぼで、一斉に羽化したと推測せざるを得ないのですが、しかしそんなことがどうして起こったのか理解のしようもありません。
 こんなことは初めてです。Photo

 なお、よく似ているナツアカネとアキアカネの区別ですが、胸の3本線の黒斑で、黒い線の真ん中が途中で切れて平らになっているのがナツアカネ、黒い線の先端がとがっているのがアキアカネということです。拡大写真で見て、アキアカネ、としました。
 この時期はまだ橙色ですが、秋になるにしたがって赤く色がついて、ナツアカネとともに”赤とんぼ”になるのです。

|

« クモ三態(ハナグモ、コガネグモ、不明のクモ→ドヨウオニグモ) | トップページ | オオセスジイトトンボ(♂) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

 その昔、夏の八甲田山、高田大岳頂上付近で、おびただしいトンボに出会って驚いたことがありました。汗臭いシャツ、頭、腕、ところ構わずとまるのです。当時、食糧タンパク質事情に乏しい時代でしたから、集めて佃煮に出来るかと思うほど。
 でも、赤とんぼ、腹が減っても”食おう”という発想は浮かんできませんでしたね。それから較べれば、現在は激減、でしょう。

投稿: クロメダカ | 2011年6月30日 (木) 22時09分

思い出のかなたに飛び去ってしまったものの中に、子供の頃の野原を飛翔する赤とんぼの群れがあります。そして暑さにめげぬ元気な頃の夏山の頂に乱舞する赤とんぼの群れがあります。
最近では、農薬の影響もあり、赤とんぼの姿も激減したと聞いていました。ところが、身近な所に群生しているとか、写真を見て嬉しくなりました。
でも、今年はもう6月から記録的な猛暑とか、夏バテしないうちに早く避暑に行ったほうが良いですよ、トンボさん。涼しい山のてっぺんならたくさん知っているので教えてあげますが・・・トンボ語が、ねえ。

投稿: ハクナマタタ | 2011年6月30日 (木) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クモ三態(ハナグモ、コガネグモ、不明のクモ→ドヨウオニグモ) | トップページ | オオセスジイトトンボ(♂) »