« お邪魔しました。(ハスジカツオゾウムシ、シオヤアブ、ホソハリカメムシ、モンシロチョウ、ヤマトシジミ | トップページ | ナシケンモン褐色型幼虫の被害 »

2011年7月12日 (火)

コシアキトンボ

 近くではシオカラトンボがとても少なくなって、どういうわけかコシアキトンボの方がよく見かけられるようになりました。
 ただ、日中、明るいところでは縄張りを見張って飛び続け、ほとんどとまらないのでシャッターチャンスが少ないトンボです。
 できの悪い写真しかありませんが、記録として掲載しました。  雄の腰の部分は白く、また顔も白いです。4

R0013781_2

R0013781_3

 
 なお、雌の”腰巻き”は淡黄色で、肉眼では、オスとは容易に識別できますが、カメラの性能のせいで、黄色が色飛びしてほとんど白くしか写っていません。R0013820_1

R0013820_2

|

« お邪魔しました。(ハスジカツオゾウムシ、シオヤアブ、ホソハリカメムシ、モンシロチョウ、ヤマトシジミ | トップページ | ナシケンモン褐色型幼虫の被害 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

 近隣の,古くからある浅い池や公園の睡蓮池などには昔から飛んでいました。場所によってはコシアキトンボばかり,というような時もあります。
 さして珍しくもないので,追っかけしてまで撮ろうという気もなくて,クリヤーな写真がこれまでありません。
 ただ確かにトンボのヤゴが暮らせる環境がなくなりましたので,近郊では、全体にトンボの数はずいぶん減りましたね。

投稿: クロメダカ | 2011年7月13日 (水) 21時51分

へえー!こんなツートンのトンボがいるなんて
しりませんでした。^^
それにしてもクロメダカさん昆虫にお詳しいですね。
いつも勉強になります。

投稿: kin | 2011年7月13日 (水) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お邪魔しました。(ハスジカツオゾウムシ、シオヤアブ、ホソハリカメムシ、モンシロチョウ、ヤマトシジミ | トップページ | ナシケンモン褐色型幼虫の被害 »