« アブラゼミ | トップページ | コムラサキ »

2011年7月21日 (木)

ヤマモモ

 昨日は、幸いなことに予報よりも穏やかな天気で過ぎ、今朝はひんやりとした空気に包まれた台風一過のスタートになりました。
 さて、少し時期遅れになりましたが、ありふれた生活ゾーンの風景です。

 十数年前、遊歩道として整備された時に植えられた数本のヤマモモが大きくなって、今シーズンはこれまで見たことがなかったほど大量の実が成りました。R0014247

R0014254

R0014249

 
 そして6月中旬頃から、赤黒く熟した実が石造りのベンチ周りに落ちるようになり、7月初旬には辺り一面に散らばっていました。78r0014246

 
 夜間照明もあって、地域のお年寄りや子供達が日常的に利用する遊歩道ですが、ほとんどの人は無関心です。落ちたものを拾って口に入れてはいけません、ということなのでしょうか、通路に落ちた実を踏みつぶして通り過ぎていきます。
 踏みつぶされたものは腐敗もしないで、通り過ぎる時、エステル様の香気さえ漂うほどでした。
 通行の邪魔にならないように下枝はすべて切除されていますから、大人でも手が届くところに実がなくて採れない、ということでもあるのでしょうか。

 2,3個拾って食べてみると、大きめの種がありますが、甘酸っぱくて美味しいものでした。Photo_15

ヤマモモ:
 山地に自生するヤマモモ科の常緑樹。雌雄異株のため、結実には雄木が必要。街路樹として公園や街路にもよく植えられている。花期は3~4月、数珠つなぎに小さな赤色の花をつけ、6月になると黒赤色の実が成る。
 果実は甘酸っぱく、食べてよく、またジャムや果実酒にも利用できる。

|

« アブラゼミ | トップページ | コムラサキ »

植物」カテゴリの記事

コメント

初旬のある日、激しい風雨があった翌日通りかかってびっくり。
わかっていれば、竹ザルでもベンチにおいておけば、文字通り美味しいヤマモモ酒ができたかもしれません。
正直、もったいないなあ、と思いましたが、そんなことは思わない”贅沢”な社会になっているのでしょうね。「昔はまずしくて良かった」と、年寄りを実感します。
”野蛮人”できる人、うらやましい限りです。

投稿: クロメダカ | 2011年7月21日 (木) 19時26分

うわーっ、こんなにたくさん落ちているのに
誰も無関心とは!!
ヤマモモ酒がかなり出来そうです^^

ビーチコーマー・・・落ちているものは必ず拾ってにおいを嗅いだり食べれそうなものは口に入れたり。
無関心な人から見ると野蛮な人種?かもしれません。

投稿: kin | 2011年7月21日 (木) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アブラゼミ | トップページ | コムラサキ »