« ノシメトンボ、アキアカネ | トップページ | 2010/10北京ツアー(1日目) »

2011年7月 1日 (金)

オオセスジイトトンボ(♂)

 暑い7月のスタートです。近くのホームセンターの熱中症対策グッズコーナーに、”首冷却用ベルトはすべて売り切れました。今後の入荷の予定は不明です”、との掲示ががありました。他にも、冷却用バンダナやネッカチーフ、枕、そしてシーツまで。

 そこで、少しでも涼感が感じられるかと、全身さわやかな水色のトンボに登場してもらいました。
 6月中旬から下旬に撮影できた「オオセスジイトトンボ」の♂です。大変貴重な大型のイトトンボです。(画像はクリックで拡大します)P6300001

P6300005

Blgr0014027trmccs_2

P7010007trmcc_2

P6300023

 羽化して間もない若い雄は、雌と同じ黄緑色ですが、成熟した雄は、美しい水色になるのです。
水辺を悠然と遊弋飛行しながら、雌をみつけるとすばやくキャッチして連結し、産卵場所へと誘っていきます。

|

« ノシメトンボ、アキアカネ | トップページ | 2010/10北京ツアー(1日目) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

 トンボも種類が多く、素人には区別が難しいです。きれいなトンボ、で十分なのですが。
 なお、オオセスジイトトンボは北海道には分布していないらしいです。
 ともかく環境破壊が進んで、絶滅危惧に追い込まれた生き物はたくさんありますが、人間も、そのうち、自分たちをも追い込んでいくのでしょうかねえ。がんばれ、人間!

投稿: クロメダカ | 2011年7月 1日 (金) 19時30分

眼も覚めるような清々しい色のトンボですね。同じような色のトンボが、カップルで何組も飛び回っているのを知床五湖で見ました。
短い夏を惜しむが如くの行動でしたが、オオセスジイトトンボとは違う種類なのでしょうね。

投稿: ハクナマタタ | 2011年7月 1日 (金) 18時15分

この記事へのコメントは終了しました。

« ノシメトンボ、アキアカネ | トップページ | 2010/10北京ツアー(1日目) »