« キツネ | トップページ | 山地のガ①クスサン、キリバエダシャク、シロシタバ、ノンネマイマイ、カシワマイマイ »

2011年10月 2日 (日)

キツリフネとツリフネソウハオレタマゴフシ

 再びツリフネソウです。
 9月下旬、山地の林縁で、湿り気のある草地に並んで咲いていたツリフネソウとキツリフネを見かけました。秋が一気に深まってくるのです。
 ツリフネソウはきれいでしたが、キツリフネのほうは、葉にたくさんの膨らみが出来ているのが目にとまりました。

ツリフネソウ:
 距(きょ)と呼ばれる、花の後ろに伸びた管のような器官があり、くるりと巻いています。ここに蜜を貯めるのですが、花を訪れた昆虫はこの蜜を求めて正面から花の中へ入り込み、奥まで潜っていくのです。
 もちろん”誰でも”OKと言うことはなく、長い口吻を持ったハチの種類だけしか利用できません。ただし、中には花に潜らず、横から穴を開けて蜜を失敬する”盗糖"者もいるようですが。Photo

 
キツリフネ:
 ツリフネソウと異なり、距(きょ)は垂れるだけで巻きません。Photo_2

 
 葉っぱに出来た膨らみは「ツリフネソウハオレタマゴフシ」が寄生して出来た虫こぶです。R0017475

 
 葉の縁が”表側”に折りたたまれ、タマゴ状というよりタカラ貝のような形の袋状になっています。R0017476trm

 
 その一つをとって指先で割ってみると結構堅いもので、中にツリフネソウコブアブラムシの有翅胎生虫と無翅胎生虫が入っていました。Photo_4

 キツリフネにとってはまさに迷惑なお邪魔虫、ということでしょう。

|

« キツネ | トップページ | 山地のガ①クスサン、キリバエダシャク、シロシタバ、ノンネマイマイ、カシワマイマイ »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キツネ | トップページ | 山地のガ①クスサン、キリバエダシャク、シロシタバ、ノンネマイマイ、カシワマイマイ »