« 木賊(とくさ)峠から奥秩父遠望 | トップページ | ヤマブシタケ(山伏茸) »

2011年10月12日 (水)

イタドリ、サルノコシカケ、不明のキノコ、ウラジロモミ

 9月下旬、通り過ぎた山地(山梨県)で、気まぐれ撮影。

イタドリ:タデ科の多年草
 その昔、初夏、茎や葉が分かれる前の、タケノコのような姿のものを”スカンポ”と言って、道草途中に囓ったり、『水車』遊びをしましたCc

 
サルノコシカケの仲間:
 斜面にありましたが,生えている”根元”は確認できませんでした。 ”学問的”には、サルノコシカケ、という種名のキノコはないそうですが、素人には、サルノコシカケです。
 この仲間にはβ-グルカンという化学成分が含まれていて、お友達の「カワラタケ」などは、「制ガンん剤」として開発されたこともありましたが、一時的なコシカケに終わったようです。2r

 
不明のキノコ:
 木の根元、落ち葉の間から生えていました。口に入れたら魔法(ま、阿呆!)の世界に浸れるかも知れません。3r

 
ウラジロモミ:マツ科モミ属
 日本特産種の常緑針葉樹です。まだ倒れてから日が浅いウラジロモミが山の斜面に横倒しになっていて、歩行の邪魔になる辺りだけ刈払われていました。それでも幹をまたいで通らなければならなかったのですが、辺りに紫色の松カサのついた小枝がたくさん落ちていました。
 表面にはヤニ(樹脂)が白く吹き出していて、拾い上げた手のひらにべたべたくっつきました。R0017527

 
一枝拾ってポリ袋に入れ持ち帰りました。そのまま外にぶら下げておいてから3週間後、乾燥して茶色になり、手で触ると円周状に、ばらばらと崩れ落ちていきました。
 ”マツカサ”とは大分おもむきが違うことを初めて知りました。きれいな飾り物になるかと思っていたのですが。20

 秋に実るウラジロモミの球果は円筒状で農紫色です。なお、山梨県ではウラジロモミの人工林もあるそうです。
 分布は本州(福島県~中部地方、紀伊半島)、四国。

|

« 木賊(とくさ)峠から奥秩父遠望 | トップページ | ヤマブシタケ(山伏茸) »

キノコ」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木賊(とくさ)峠から奥秩父遠望 | トップページ | ヤマブシタケ(山伏茸) »