« 戸隠古道ウォ-キング | トップページ | アキノウナギツカミ、コウゾリナ、ノハラアザミ、モミジ、朴葉 »

2011年10月29日 (土)

ノブキの実、フッキソウの実、イチイの実、サワフタギの実

 晩秋の戸隠古道ウォーキングで見かけた植物です。当然ながら、実をつけている植物が目につきました。身近ではあまり目にすることのないものもありました。

 
ノブキ(野蕗)(キク科)の実:
 コース道沿いに生えていました。林の縁などに生えて、葉がフキ(蕗)に似ているのでこの名前です。
 種は細長い茎の上にできて頭でっかちのため、,風に揺らいでなかなかピントが合わず、歩きながら何度か撮りましたがピンぼけばかりでした。
 夏から秋に白い花をつけます。秋に熟す独特の形をした実は、粘液を分泌してべたつき、”ひっつきもち”になって、動物などにくっついて分布域を広げます。分布は日本各地。Photo_7

 
フッキソウ(ツゲ科)の実:
 道沿いの林縁に生えていて、角が2本ある真珠のような白い果実を付けていました。
フッキソウは山地の木の下などやや湿った場所に生え、小群落をつくる高さ10~35cmの常緑多年草です。(常緑低木、としている図鑑もあります)。
 地下茎は横に伸びて、茎を出します。葉は厚く、光沢があります。春(3~4月)に白い花を開き、白い花の先端部分は茶色になっています。
 秋以降に角(つの)が生えたような形の丸くて白い実をつけます。分布は日本各地。R0018269

 
イチイ(イチイ科)の実:
 林間に生えて赤い実をつけていました。また民家の生け垣にも仕立てられていました。
イチイ(一位)は日本各地に分布する常緑針葉高木、雌雄異株で、秋に雌の木に真っ赤なルビーのような実をつけます。
 赤く熟した果実は甘く、そのまま食用にしたり、焼酎漬けにして果実酒が作られますが、種子にはタキシンという有毒のアルカロイドが含まれていて、種子を誤ってたくさん食べると中毒を起こすので、注意が必要です。 
 イチイの名は、約八百年前(平治元年)天皇即位の際、飛騨地方からこの木で作った笏(しゃく)を献上したところ、他の材より優れているということで、位階の正一位にちなみ、一位と呼ばれるようになったと言われています。
 木の心材は褐色で岐阜県飛騨地方の一位一刀彫が有名です。中部地方以北から北海道では、庭木や生け垣としても利用されています。Photo_8
 他にも林間には、マユミやツリバナなどの赤い実もぶら下がっていました。

 
サワフタギ(ハイノキ科)の実 :
 林縁で鈴なりに瑠璃色の実を付け、雨に濡れながらもとてもきれいで目立ちました。
サワフタギは落葉小高木で、やや湿った林床や、渓流を覆うように生育し、また湿原の周辺に生育して群落を形成します。
 高さは1~5mほどになりますが、多くは1m程度。葉はつやがなく、縁には細鋸歯があります。
 花は4~5月頃に咲き、白色。秋が深まる頃にはすっかり葉を落とした枝に、瑠璃色の綺麗な実をたくさん付けて美しいです。分布は日本各地。Photo_9

 童謡の世界では、イチイの実を食べて赤い小鳥になり、青い鳥はサワフタギの実を食べると青い小鳥になれるのでしょうね。

|

« 戸隠古道ウォ-キング | トップページ | アキノウナギツカミ、コウゾリナ、ノハラアザミ、モミジ、朴葉 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戸隠古道ウォ-キング | トップページ | アキノウナギツカミ、コウゾリナ、ノハラアザミ、モミジ、朴葉 »