« ヤマブシタケ(山伏茸) | トップページ | 筑波山ハイキング »

2011年10月14日 (金)

イケマ

 イケマが山地斜面に生えていました。花後に、まだ熟していない袋果が目立ちました。多くは他の植物に絡みついて立ち上がっていましたが、絡みつくものがない時は地面を這うように絡まっています。R0017534

 
 葉や茎を傷つけるとガガイモ同様、すぐに白い乳汁が出ます。汁液にはシナンコトキシンなどが含まれているので有害です。
 イケマの未熟な果実(袋果)です。R0017534_2

 
 ガガイモと比べるとかなりスリムです。R0017

 
 一つ割ってみると、ガガイモとそっくりに種髪の種がたたみ込まれていました。R0017534_3

 完熟すると縦に割れて、種髪の種が次々に飛び出していきます。機会があれば、完熟して飛び出してくるところを見たいものです。

イケマ:ガガイモ科、カモメヅル属
 山地、山すそ等に生えるつる性の多年草。
根は太く大きく、浅く枝分かれして肥大、茎は数本束生して、他の植物などにからみついて生長します。
 葉は、長さ5~15cm、幅4~10cmで対生、心臓形で先端は尖り、縁はなめらか。
 花は7~8月、葉脇からでた柄に白い小花を数十個、球形につけます。花冠は5片に深裂します。(2009.9.1記事画像再掲)200991

 果実は、ガガイモの袋果より一回り小さく細長い袋果で、長さ8~10cm、幅1cmくらい。また、種子はガガイモのように種髪があり、風で飛んで行きます。
 なお根茎にはアルカロイドが含まれていて有毒ですので、囓ってはイケマせん。
 分布は日本各地。

|

« ヤマブシタケ(山伏茸) | トップページ | 筑波山ハイキング »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤマブシタケ(山伏茸) | トップページ | 筑波山ハイキング »