« オオアトボシアオゴミムシ | トップページ | 晩秋、オオカマキリとコカマキリ »

2011年11月17日 (木)

不明の卵嚢2種

 草はらで、イネ科の雑草の葉に、大きさ2cmほどの白い卵嚢らしきものがくっついているのが偶然目にとまりました。初めて目にしたものです。
 見た目にはメレンゲが乾燥したような感じで、直径1~2mmほどの穴がポツポツ開いていました。
 もう抜け殻なのかも知れません。
 カマキリの卵鞘とは違うし、シオヤアブ卵嚢(の抜け殻)に少し似ているかとも思いましたが、結局、わかりませんでした。R0018656cc

R0018657trmcc

R0018658trm

 
  もう一つは糸綿の塊です。大きさ2cmほど。何種だか分かりませんが、クモの卵嚢ではないかと思うのですが、こちらも分かりません。Pb100085_1

Pb100085_2

 何でしょうか。

|

« オオアトボシアオゴミムシ | トップページ | 晩秋、オオカマキリとコカマキリ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オオアトボシアオゴミムシ | トップページ | 晩秋、オオカマキリとコカマキリ »