« アレチウリ | トップページ | 晩秋の秩父路風景 »

2011年11月24日 (木)

カラスノゴマ

カラスノゴマ(鴉の胡麻)(シナノキ科カラスノゴマ属):

 10月初旬、道端の雑草に混じって生えていました。時期遅れになりましたが記録として掲載しました。
 道端や草地に生える一年草で、草丈は30~70cmくらいになります。茎は直立し、全草に星状毛(放射状に伸びる毛)が生えています。R0018385_2

 
 葉は互生し、卵形で先は尖り、鋸歯があります。葉の脇に花径2cmほどで、柄がある黄色い5弁花を横向き、ないし下向きに1輪ずつつけます。萼片は5枚で反り返っています。R0018385_5

R0018385_1

 
 花の後に角状の蒴果(熟すと鞘の下部が裂け、種子が散布される果実)が出来ます。R0018385_4

R0018385_3

 和名の由来は、胡麻(ゴマ)のような種子が採れるが、役に立たないというところから。
 花のきれいなイヌゴマもそうですね。
 開花時期は8~10月、分布は本州関東地方以南~九州。

|

« アレチウリ | トップページ | 晩秋の秩父路風景 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アレチウリ | トップページ | 晩秋の秩父路風景 »