« 川津桜 | トップページ | トノサマバッタ、ハネナガイナゴ、コバネイナゴ、オンブバッタ »

2011年11月12日 (土)

クルマバッタモドキ

 クルマバッタモドキは、原っぱにごく普通にいるバッタですが、草叢にいる時には分かりませんし、道端に出てくると目立たない、冴えないバッタです。それでこれまで登場したことがないので、今回特別の単独記事です。

クルマバッタモドキ(バッタ科):
 大きさ(翅端まで)♂32~45mm、♀55~65mmで、褐色と薄灰色のまだら模様のバッタ。緑色型と褐色型のものがいますが、多くは褐色形で、環境に溶け込む保護色をしています。
 胸部背面に、1対の「く」の字形の白線があります。後翅を広げると円の1/4の黒い紋があり(クルマバッタ同様に)羽ばたくと円形の車に見えるのでこの名前がつきました。
 イネ科植物を好んで食べます。出現時期は7~11月、分布は日本各地。R0017894_1

R0018432_1

R0018432_2

|

« 川津桜 | トップページ | トノサマバッタ、ハネナガイナゴ、コバネイナゴ、オンブバッタ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 川津桜 | トップページ | トノサマバッタ、ハネナガイナゴ、コバネイナゴ、オンブバッタ »