« ヒメハラナガツチバチ(♀)、土に潜る | トップページ | ハラビロカマキリ、ヤマトシジミ、シロテンハナムグリ、キオビコシブトヒメバチ、ヒメ、またはコハナバチの1種? »

2011年11月 4日 (金)

変形菌カタホコリの仲間

 10月下旬、ぐずついた雨降りの数日後、良く晴れたので、運動不足解消のため車で40分ほどのところにある「,渡良瀬遊水地」まで、ウォーキングに行きました。
 その折り、足下の雑草に妙な汚れがあるのが目にとまり、しゃがみ込んでよく見ると変形菌がついていたのです。
 スライムのような変形体が周囲の雑草の葉裏に這い上がり、一部は葉表まで広がってから子実体を形成したようでした。
 変形体がとりついた雑草は何でも良かったらしく、一度刈り取り除草された後、また新しく生えて地面を這っていたヘクソカズラや、Photo_2

R0018411_1

 
 傍に生えているイネ科の雑草、そして新しく生えてきたヨモギでした。Photo_3

Img_0299

 生きている植物についている変形菌を見たのは初めてです。

 
 ルーペで観察すると、子実体には柄がなく、単子嚢体型~屈曲子嚢体型で、群生していて、高さは約1mm。
 子嚢壁は灰白色で、石灰質の殻から出来ているらしく、枯れ草の軸で表面をこすってみるとざらざらと崩れました。そして何よりも、変形菌であることを示す”ホコリ”がふわーっと舞い上がりました。
 また壊れた子嚢壁からのぞいて見える細網体は暗色です。Set

 こんな程度で同定などできませんが、カタホコリ科、カタホコリ属の1種ではないかと思いました。むろん正しいかどうか分かりません。
 とりつかれた雑草は迷惑したことでしょう。畑の作物、トマトとか、イチゴなどに這い上がって子実体を形成したりすると当然、有害生物になってしまいます。
 このような様子を見ただけで”気味が悪い”と思われる人もあるでしょうね。

|

« ヒメハラナガツチバチ(♀)、土に潜る | トップページ | ハラビロカマキリ、ヤマトシジミ、シロテンハナムグリ、キオビコシブトヒメバチ、ヒメ、またはコハナバチの1種? »

変形菌(粘菌)」カテゴリの記事

コメント

 狭い狭いニッチの世界に入り込んで行くと最後に待ち構えているのは極貧の日々!
 大海を知らないのは問題デス。
 出来れば次は気持ち悪くない変形菌チャンにお目にかかりたいものです。

投稿: クロメダカ | 2011年11月 4日 (金) 12時34分

はい、見ただけで気持ち悪いです。今まで、何も知らずに「白っぽい砂埃」と見過ごしていたのに。それの正体が、こんなんだったなんて!
クロメダカさんって、何でも知っていて、何でもこのように看破されそうで・・・凡人が経験できぬ幅広い豊かな人生をお過ごしですね。

投稿: ハクナマタタ | 2011年11月 4日 (金) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒメハラナガツチバチ(♀)、土に潜る | トップページ | ハラビロカマキリ、ヤマトシジミ、シロテンハナムグリ、キオビコシブトヒメバチ、ヒメ、またはコハナバチの1種? »