« ケラ | トップページ | バンの若鳥;クイナ »

2011年12月 4日 (日)

ハグロハバチ幼虫

 この時期、草はらでギシギシの葉を穴だらけにしているのは決まってこのお方、ハグロハバチの幼虫様です。さすがに群がっていると気持ち悪いですが・・・
 食事中は普通のイモムシスタイルで移動していきますが、Photo_2

 
 満腹すると休憩です。その休憩スタイルは例外なくとぐろ巻きです。”お尻”を上にして。
 その心は?Photo

 
 オーッと、これはとんだ失礼を。お食事中ではございませんでしたか。R0018737

 
 アー、すっきりいたしました。R0018738

 
 たらふく食べて、終齢幼虫になると黄橙色だった頭も黒っぽく、体も黒っぽくなります。R0018717

 そして地面におりて土中に潜り、蛹になってそのまま越冬します。春先に羽化して、全身真っ黒のハチになって地上に出てきます。
 ハグロハバチは多化性(1年に3回以上の世代を繰り返す性質)で、5~11月の間に発生を繰り返します。

|

« ケラ | トップページ | バンの若鳥;クイナ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ケラ | トップページ | バンの若鳥;クイナ »