« 2011.12.10皆既月食 | トップページ | オニグルミの実 »

2011年12月12日 (月)

冬のスズメ

 スズメの個体数が減少している、という話は以前から聞いていましたが、先頃の報道(http://www.asahi.com/science/update/1116/TKY201111160153.html)によると、国内のスズメの個体数は過去約20年間で約6割も減ったと推定されているそうです。
 根拠も何も知りませんでしたが、子供の頃、スズメの一生の行動半径はせいぜい500mほどなので、ご近所のスズメとしてかわいがってやらなければ、と聞いた記憶がありました。
 ただ、飛べるようになった子スズメに足輪をつけて標識調査したところ、予想以上の長距離を移動することが分かった、という事を聞いた記憶もあります。
 それらはともかくとして、確かに、ご近所のスズメの数は減ったような気がします。

 冬になると立ち枯れた蘆の藪や、通信ケーブル、葉を落とした樹木などに群れて、やかましくさえずる情景を目にします。Pb250004

Pb260043trm

Pb260036

Pb260038

 採餌や巣作り、子育てなどの生活に必要な環境条件が大きく変わったことが、姿が少なくなった原因なのでしょうね。
 近くの信号機に巣作りをしているのを見かけたりしていますから。

|

« 2011.12.10皆既月食 | トップページ | オニグルミの実 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2011.12.10皆既月食 | トップページ | オニグルミの実 »