« カナダ・イエローナイフ オーロラ紀行(3)   その他 | トップページ | チュウサギ(2) »

2012年1月29日 (日)

チュウサギ(1)

 調節池には大小様々、紛れ込んだ外来種まで含めて、たくさんの魚がいます。
 晴れたある日、その池にチュウサギが一羽。P1040002

 
 ゆっくり歩きながら、めぼしい獲物を探していました。そして、トンマなチュウサギでも捕れそうな魚影に狙いを定めてP1040004

P1040008

 
 写真もピンぼけに P1040006

 
 やはり魚の勝ち。うまくはいかなかったようです。P1040009

 アハァ~捕れなかった~。
やってみただけで良かったような風情でした。

|

« カナダ・イエローナイフ オーロラ紀行(3)   その他 | トップページ | チュウサギ(2) »

」カテゴリの記事

コメント

チュウサギとダイサギの見分け方として,嘴の合わせ目(口角)のラインが目の位置のどこまで伸びているか、長い方がダイサギ、というのですが,個体差もあり、かなり微妙です。
 またダイサギは冬鳥で、チュウサギは夏鳥とされてもいますが、これらを合わせて、正直のところ、どちらなのかいつも分かりません。
 調節池にはブラックバス、ブルーギル、ハクレン、ライギョなどがいます。2年ほど前に一度「川魚資源再生緊急事業」として駆除が行われていました。それなりに捕獲されていましたね。

投稿: クロメダカ | 2012年1月29日 (日) 21時30分

チュウサギといっても体は大きいようですね。
こちらでもじーっと獲物を狙っているのか姿を見かけます


調整池の外来魚・・やっぱりブラックバスなども
いるのでしょうか。

投稿: kin | 2012年1月29日 (日) 19時56分

この記事へのコメントは終了しました。

« カナダ・イエローナイフ オーロラ紀行(3)   その他 | トップページ | チュウサギ(2) »