« 雪山遠望 | トップページ | ムクドリ »

2012年1月11日 (水)

いつでもカルガモと一緒にいるマガモ

 昨年11月中頃に、さして大きくはない水路を”常宿”にしているカルガモの群れの中に、マガモの雄が1羽混じっているのを見かけました。
 冬鳥としてやってきたマガモが、たまたまその場にいたのだろうと思ったのですが、それから2ヶ月経った今でもその1羽だけ、いつもカルガモと一緒にいて、休息や餌採りなどの行動を共にしています。P1080013dcc

P1080014f

P1080015g

H

P1100008

 マガモはアヒルの先祖(原種)で、またマガモとアヒルの交配種がアイガモです。
 そしてまた現在、同じカモ科のカルガモにはアヒルとの交雑種など、異種交雑も多く見かけられるそうです。
 遺伝形質はカルガモの方が強いため、見た目はカルガモでも性格はアヒルに近いものもいて、人をあまり恐れなくなったとも。
 それはともかくとして、このマガモは、気持ちはすっかりカルガモになっているのでしょうか。

|

« 雪山遠望 | トップページ | ムクドリ »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。