« スイバとギシギシ | トップページ | ウラジロチチコグサとハハコグサの芽生え株 »

2012年1月26日 (木)

ハルジオン、ヒメジョオン、セイヨウタンポポ、キュウリグサのロゼット葉、オランダミミナグサの芽生え

ハルジオン(多年草):
 ハルジオンとヒメジョオンは越冬ロゼットの状態では見分けが難しいこともあります。
 春先に少し早く花が咲くハルジオンのロゼット葉には柄がありません。また花が咲いたときの茎は中空ですから、この時期には容易に区別できます。3r

 
ヒメジョオン(越年草):
 よく似た花を少し遅めにつけるヒメジョオンのロゼット葉には柄があります。また花をつけた茎は中実(白い随が詰まっている)ですので区別できます。Photo_4

 
セイヨウタンポポ(多年草):
 低温と乾燥でロゼット葉はかなり傷んでいましたが、晴れた日中、光に反応して、花茎が全く伸びないまま花を開いていました。丈夫なものです。2r0019746

 
キュウリグサ(越年草):
 寒さと乾燥のせいで、芽生え株のロゼット葉はしもやけで赤くなっていました。毛深い葉で寒さも克服していくでしょう。4

 
オランダミミナグサ(越年草):
 芽生え株が田んぼや畑に点々とはびこりつつあります。なかなか駆除の難しい強害雑草です。花をつけている株もありました。Photo_4

|

« スイバとギシギシ | トップページ | ウラジロチチコグサとハハコグサの芽生え株 »

植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。