« 2012,今年の運勢は辻占いで | トップページ | オナガガモ »

2012年1月 3日 (火)

トキワハゼ(白花)、タツナミソウ

 正月恒例行事の箱根駅伝で、東洋大の圧倒的な強さに驚き、賛辞を送った後、電線を鳴らして吹く北風の中、自転車で運動不足解消に外出。
 しかし、軟弱者は早々に退散、舞い戻りました。
 同じ人種とは思えません。

 北東方向に青色の筑波山と加波山方面だけが遠望できましたが、そのほかは霞んでいました。P1030018trmcc

 
トキワハゼの白花(ゴマノハグサ科サギゴケ属):
 日当たりがあまり良くない所の道端や、畑、庭の隅などにもほぼ1年中生えているトキワハゼ(1年草)です。
 どこからやってきたのか分かりませんが、我が家の貧栄養状態のプランターに、数年来、絶えることなく、さりとてはびこる勢いなど全くなく、慎ましやかに生残しています。
 昨年11月くらいから、1輪ずつ小さな白い唇形花をつけては、”ここにいるよ”と呼んでいたのですが、風の強い本日、記念写真を撮ってやりました。
 厳寒期には花はつけないと手元の植物図鑑には書いてありますが、関係ないのか温暖化なのか・・・。R0019649_2

 
タツナミソウ(シソ科):
 本州以南の草地や林縁に生える多年草です。
 花期は4~6月、ということになっていますが、上記トキワハゼ同様、数年来、冬の間も少ないながら、時に花を傷めながらも、薄紫の花を開いています。
 こうやってみると、なかなか健気なものだと思うのです。R0019646cctrm1

R0019647trm2

|

« 2012,今年の運勢は辻占いで | トップページ | オナガガモ »

植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。