« キジバト | トップページ | コゲラ »

2012年2月19日 (日)

ツグミ

 冬鳥として群れで全国にやってきて、それぞれの地に落ち着いたら、帰り支度をするまでは群れることなく、てんでんばらばらの気ままな暮らしぶりです。
 その昔、人間様の手にかかり、かすみ網で大量捕獲されて焼き鳥にされたご先祖の恨みつらみには一切口をツグミ、黙して語らずのツグミ。
 これが立場が逆で、人間様だったら、どれほどうるさく言い立てることかしら。

 林縁の枯れ草をがさごそとかき分ける音がしたので覗いてみると、すぐ近いところにいました。近くで見るとやはり大きいです。全長24cm。Blg201221p2010084

 
 近くの田んぼ道で。餌を探しながら地面を歩き、立ち止まる時はきまって胸を張る独特のポーズ。Blgp2030010

 
 緑色が萌えはじめた公園の芝草地で。P2110066

 
 ミミズをゲット!Photo_3

 3月半ば頃~4月になると再び群れて北へ帰ります。

|

« キジバト | トップページ | コゲラ »

」カテゴリの記事

コメント

 確かに福井県の鳥でしたね。昔は貴重なタンパク源として大量に捕獲されてその数が激減したため、野鳥保護の先駆けになったシンボル的な存在なのだそうです。
 今は一番普通にどこに行ってもみかけますが、単独で行動していますので見つかりにくいだけかも知れません。冬枯れの風景には溶け込んでいますので。

投稿: クロメダカ | 2012年2月19日 (日) 22時15分

ツグミ・・・福井県の県鳥として指定されています。が
鳥オンチの私は見たことがありません。というよりも
見ても分からないのでしょうね。

ツグミの焼き鳥、美味いとか。20年くらい前でしょうか
知り合いでカスミ網を持っていることを聞いたことがあります。

投稿: kin | 2012年2月19日 (日) 20時01分

この記事へのコメントは終了しました。

« キジバト | トップページ | コゲラ »