« ヒドリガモ、北帰行の時期に | トップページ | オオバンとカイツブリ »

2012年3月27日 (火)

セツブンソウ(節分草):2012年名残の花

 節分の頃に咲くからと名付けられたセツブンソウ。しかし今年の冬は例年にまして寒かったので開花が遅れたところが多かったのです。
 だが、いくら何でも、もうすぐサクラが開花しようかという時期まで、咲き残っているとは思いませんでした。
 よくぞがんばって残ってくれた名残のセツブンソウ記念写真です。最盛期の美しさはありませんが、スプリング・エフェメラルの名にふさわしい花姿でした。(写真はクリックで拡大します)P3261547

R0020650

R0020642trmcc

|

« ヒドリガモ、北帰行の時期に | トップページ | オオバンとカイツブリ »

植物」カテゴリの記事

コメント

クロメダカさん、すばらしい写真をありがとうございます。ネットで見られる他のどのセツブンソウ画像よりも美しいと思います。蝋細工のような光の透け具合が素晴らしく表現されていますものね。  セツブンソウをWikipediaで見ますと、ここからさほど遠くない広島県庄原市が「有名な自生地」の一つに挙がっています。全く知りませんでした。今年はまだまだ寒いから、今でも少しは花が残っているかも?ですね。行ってみたくなりました。

投稿: Oさん | 2012年3月27日 (火) 10時43分

この記事へのコメントは終了しました。

« ヒドリガモ、北帰行の時期に | トップページ | オオバンとカイツブリ »