« ツクシ、春色の雑草、越冬したキタテハ、そしてメダカ | トップページ | アカメガシワ(冬芽と葉痕/維管束痕) »

2012年3月18日 (日)

ウグイスカグラ開花

「ウグイスカグラ」(鶯神楽)(スイカズラ科):
 別名ウグイスノキ(ウグイスが鳴く頃に花が咲くからとも)。
 春を待ちわび、聞き耳を立てていた花好きの人達が、ウグイスの鳴き声と共に“数輪開花した”というニュースで、早速見にやってきたウグイスカグラ。
 以前に、透明感のある赤い実が成っていたのは見たことがありますが、花は初めてです。小さな可憐な花でした。R0020465

R0020453cc

R0020460

R0020458

R0020464

 「ウグイスカグラ」(変種)は落葉低木で、古くから栽培もされているそうです。樹高は1~3mで株元から枝をたくさん出して茂ります。
 葉は長さ3.5~5cmの広披針形~楕円形で、表面には毛がなく、裏面は白っぽい感じです。
 3~5月ごろ、淡紅色の、長さ1~2cmの花が1~2個ずつ葉腋から垂れ下がるようにつきます。花冠は漏斗形で、先端は5裂しています。
 花後、長さ1cmほどの楕円形の果実ができて、6月頃、赤色に熟し、甘くて美味しいということです。熟した果実は透明感があり、日に当たると透き通るような美しさです。
 分布は北海道、本州、四国。
 そのほか、日本特産種で、葉に毛の生える基本種の「ヤマウグイスカグラ」があり、分布は本州~九州。
 また枝葉に毛が密集し、果実や花に腺毛が多く生える「ミヤマウグイスカグラ」などが知られています。

|

« ツクシ、春色の雑草、越冬したキタテハ、そしてメダカ | トップページ | アカメガシワ(冬芽と葉痕/維管束痕) »

植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。