« ハシビロガモ換羽中 | トップページ | ヒヨドリやくざ »

2012年3月24日 (土)

バンも成熟

 昨年晩秋から用水路でバンの若鳥を見かけていました。警戒心が強くて、人の姿や何かの気配を察するとすぐ草むらや茂みに隠れるので見かける機会は少ないのですが、冬中、数羽が住み着いているようでした。
 そして先日、大人になって額板(嘴から額にかけての肉質部位)が赤くなった1羽の姿を見かけました。
 やはり季節が進んだことを実感しました。Photo

Photo_2

P32113594

P32113625cc

 
 こちらはまだ額板が赤くない個体。P3221430_2

 生息域は河川、水田、ハス田などで、ヨシやガマなどがある湿地で、北海道、本州北部では夏鳥、それより南では留鳥とされていますが、夏季には近くで姿を見ることはまずありません。
 もっと住みやすい地域に移動しているのでしょうか。

|

« ハシビロガモ換羽中 | トップページ | ヒヨドリやくざ »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。