« ヒバリ | トップページ | キバナノアマナ »

2012年3月30日 (金)

ムラサキシジミ

 昨日午後、屋外メダカ水槽の水中に落ちて浮かんでいるのを見つけました。
 取り上げようとすると水中で翅をばたばた動かすのでまだ元気の様子。急いでつまんでティッシュペーパーを敷いたプラスチックカップに入れておいたところ、しばらくして翅も乾いて元気回復。
 照明のぬくもりで翅を広げていたところを記念撮影。越冬成虫のようで、翅はかなり傷んで表面の鱗粉が剥がれていましたが、外に出すと勢いよく飛び去りました。
 水難事故に遭いながらも、まだまだ大丈夫のようでした。1r0020857trm

2r0020850

3r0020855

4r0020856

5r0020852trm

ムラサキシジミ(シジミチョウ科):
 開張約30~40mm。翅の表が青紫色で、周囲を黒褐色で縁取られています。成虫で越冬し、年3~4回、6月から翌年3月にかけて出現します。平地の林やその周辺で見られます。
 幼虫の食草はアラカシ、イチイガシなどのブナ科の常緑樹です。散歩コースの公園にも植樹されています。

|

« ヒバリ | トップページ | キバナノアマナ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。