« カタクリ(2012春) | トップページ | アズマイチゲとキクザキイチゲ »

2012年4月 2日 (月)

トウゴクサバノオ

トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)(キンポウゲ科 シロカネソウ属):
 自生したものにはお目にかかったことがありません。山野草自然植物園で見たものです。
 トウゴクサバノオは谷筋斜面や渓流沿いの湿地など、日陰~半日陰の湿った場所に生える多年草です。
 果実は袋果で、2個の袋果が基部で合着して、カエデの種のように2枚のプロペラ状に広がる形をサバの尾に見立てたもの。
 草丈は10~20cm。基部から数枚の長い柄のある根生葉が束生します。葉は鳥足状に分岐し、頂小片は広卵形~倒卵形で、しばしば3中裂し、鈍い鋸歯があります。R0020693_2

R0020693_1

 
 花はややした向きに咲くことが多く、花径6~8mm、白色~淡黄緑色の花弁に見えるのは萼片で5個あります。
 本当の花弁は萼片よりも小さな、蜜を分泌する、黄色の蜜弁になっています。R0020762

R0020693ltrm

 花期は4~5月、分布は本州(宮城県以南)、四国、九州。

|

« カタクリ(2012春) | トップページ | アズマイチゲとキクザキイチゲ »

植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。